トップ > お知らせ > 2017年6月5日

ニュースリリース 2017年6月5日

労働時間は減り、給与はそのまま
週休3日を実現するCreatorDayを開始

株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、東京都大田区)は、週休3日を実現する「CreatorDay制度」を6月5日(月)より導入します。一般の週休3日制度では、給与が日割りで減額になったり、1日の所定労働時間が10時間などになるのが通例ですが、給与の変更はなく、1日の所定労働時間も8時間となっています。

業務効率化による働き方改革で週休3日を実現

長時間労働や休日出勤のイメージが強いゲーム業界ですが、週休3日とすることでワークライフバランスを向上させ、介護や育児、家族との時間の確保や、自己啓発をおこなったり、副業も可能な制度になっています。新たに休日となる月曜日は出勤も可能で、自分のペースで働くこともできます。

シグナルトークでは、「短い時間で、高いアウトプット」を掲げ、全社的な効率化を進めてきました。本制度の導入前の2016年の月平均労働時間は147.3時間と、全国平均約161.1時間を大きく下回っていますが、売上は過去最高を記録しました。2017年は「CreatorDay制度」によって、労働日数の削減に加え、労働時間をさらに削減し、月間労働時間128時間を目標としながらも、過去最高売上の記録を更新する見込みです。

「CreatorDay制度」の実現に、さらなる効率化が必要と考えるシグナルトークでは、業務フローの見直し、業務自動化、個々のスキルアップ、各作業時間の計測などをおこなって、より能率化を図る「倍速」を推進しています。また、同じ時間で、より価値の高いアウトプットを出す「倍価値」にも力を入れており、お客様からのご意見は全て全社で共有したり、社員全員が毎週1つ以上のお客様価値向上のための提案を行うなど、具体的な施策を進めています。

シグナルトークには他にも様々な制度があり、一人ひとりの理想の働き方を実現するため、在宅勤務や少日数勤務を可能にした「FreeWorking制度」は、「リクナビNEXT」主催の「グッド・アクション」を受賞しました。その他、最終利益の半分を社員同士の360度評価に応じて分配する制度などを採用しています。

■ 「CreatorDay制度」について

  • ●第1月曜日:有休奨励日(会社が年次有給休暇取得を奨励する日)
  • ●第2~第5月曜日:自由出勤日(休む場合は特別休暇を取得)

CreatorDay制度ページ:http://www.signaltalk.com/recruit/creatorday/

■ シグナルトークのこれまでの勤務制度

●FreeWorking

自宅やカフェなど、自由な環境で仕事をしたい方や、介護をしながら働きたい方のための「在宅勤務」と、子育て支援やプライベート時間の確保、副業支援等のための「少日数勤務」から成り立つ就業制度です。勤務形態の多様化が進む現代で、一人ひとりの理想の働き方を実現する制度として評価され、リクナビNEXT主催の「グッド・アクション」を受賞しています。

●成果報酬型・時間報酬型

フレックス制で、みなし残業代を含む「成果報酬型」と、就業時間が定められ、残業時間に応じて手当が支払われる「時間報酬型」、という2通りの働き方を選べます。

■ 株式会社シグナルトークについて

会員数90万人以上のオンライン麻雀「Maru-Jan」(マルジャン)の運営、全国麻雀選手権の主催のほか、健康への効果をスコア化する世界初のアプリ「my healthy」や、パソコンで手軽に脳の認知機能を測定できるサービス「脳測」やオンライン将棋「遊び処 ふくろふ」などを展開しています。

【概要】社名:株式会社シグナルトーク
公式ホームページhttp://www.signaltalk.com/
所在地:東京都大田区蒲田5-8-7 蒲田K-1ビル 8F
代表取締役:栢 孝文(かや たかふみ)
事業内容:オンラインゲームの開発、運営、販売等

Information