トップ > お知らせ > 2014年5月15日

ニュースリリース 2014年5月15日

オンライン麻雀が手軽に始められる
富士通パソコン最新モデルが登場

株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、東京都大田区)は、運営するオンライン麻雀「Maru-Jan」(マルジャン)のデスクトップアイコンを、富士通株式会社が5月から販売開始する個人向けパソコン「FMVシリーズ」に設置いたしました。

これにより「Maru-Jan」への会員登録やゲームへの参加がより簡単になります。今なら、開催中の賞金総額1000万円で、日本最大級規模の麻雀競技会である「第2回全国麻雀選手権」への参加が無料で簡単に行えます。

「FMVシリーズ」と「Maru-Jan」のお客様層が重なっていることもあり、本取り組みは昨年の「FMVシリーズ」5月発表モデル、今年2月に発表した「GRANNOTE」に続いて3回目となります。これまで、「FMVシリーズ」から6300人以上の方が無料登録されて、「Maru-Jan」をお楽しみいただいております。

オンライン麻雀が手軽に始められる富士通パソコン最新モデルが登場

■「FMVシリーズ」について

個人向けパソコン「FMVシリーズ」の商品詳細につきましては、富士通株式会社のホームページをご覧ください。なお、当該機種は動作確認済みとなっております。

・富士通製品情報ページ:http://www.fmworld.net/fmv/

■ オンライン麻雀 Maru-Janについて

2014年4月26日で10周年を迎えた、会員数60万人以上のお客様同士が対戦するオンライン麻雀ゲームです。1ゲーム毎に課金の完全有料サービスとなっています。現在、「第2回全国麻雀選手権」を開催中です。

【 概要 】
ジャンル:高級オンライン麻雀ゲーム
公式ホームページhttp://www.maru-jan.com/
全国麻雀選手権ホームページhttp://www.maru-jan.com/NMC/
発売日:2004年4月26日
料金:東風1戦 80ポイント(80円相当)
東南1戦 150ポイント(150円相当)
三麻1戦 100ポイント(100円相当)
プロリーグ1戦 200ポイント(200円相当)
※1位の方は無料でゲーム続行が可能
対応機種:Windows PC専用

※動作環境や推奨スペックについての詳細は上記公式ホームページをご覧ください。

■ 株式会社シグナルトークについて

「Maru-Jan」の運営の他、パソコンで手軽に脳の認知機能を測定できるサービス「脳測」やオンライン将棋「ふくろふ」などを展開しています。 麻雀と脳の認知機能の相関関係など、認知症予防研究プロジェクトも専門家の方々と推進しています。

【 概要 】
社名:株式会社シグナルトーク
公式ホームページhttp://www.signaltalk.com/
所在地:東京都大田区蒲田5-8-7 蒲田K-1ビル8F
代表取締役:栢 孝文(かや たかふみ)
事業内容:オンラインゲームの開発、運営、販売

Information