トップ > お知らせ > 2014年2月17日

ニュースリリース 2014年2月17日

面白いスマホゲームをみんなで選ぶ
Webサービスがオープン

株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、東京都大田区)は、利用者からノミネートされたスマホゲームを採点し、面白いゲームを選ぶWebサービス「みんなのゲームアワード」を2月17日にオープンしました。

本サービスはPC・スマートフォン・タブレットから利用できます。

■「みんなのゲームアワード」の流れ

1:ゲームのノミネート

おもしろいと思うゲームを紹介します。

2:ノミネートゲームへの投票

候補のゲームに投票します。

3:レビュー

月間ゲームアワードを採点します。

年間ゲームアワード

年間最高得点のゲームが“年間ゲームアワード”です。

日々、新しいゲームがリリースされる現在、その膨大な数の中から、質が高く面白いゲームを探すことが難しくなってきました。そこで、サービス利用者がゲームを紹介し、採点することで本当に面白いゲームを選ぶサービス「みんなのゲームアワード」を企画・制作しました。

本サービスでは、ノミネートされたスマホゲームから毎月、最も支持を集めたゲームが月間ゲームアワードとして選出され、レビュー対象となります。そして、1年間でもっとも人気の高いゲームは、年間ゲームアワードとして表彰され、初年度は株式会社産経デジタル(代表取締役社長:近藤哲司、東京都千代田区)の協力により、産経デジタル社運営のサイトで紹介されます。※月間訪問者数1,000万UU以上を誇る「SANSPO.COM」や1,100万UU以上の産経新聞グループの総合ニュース「iza」などで紹介されます。

レビューも他の利用者に評価され、レビューの信頼度を計る指標となり、多くの方に支持されるほど、ランキング上位になります。

■ 「みんなのゲームアワード」概要

みんなのゲームアワード
URLhttp://game-award.signaltalk.com/
対応環境:PC・スマートフォン・タブレット
  • ● スマホゲームのノミネート
  • ● ノミネートされたスマホゲームから月間ゲームアワードを選出
  • ● 月間ゲームアワードに選出されたゲームの採点
  • ● 情報交換を行うクチコミ掲示板
  • ● 月間ゲームアワードの中から年間ゲームアワードを選出
  • ● 年間ゲームアワードに選ばれたゲームは株式会社産経デジタルの協力により、
      産経デジタル社運営のサイトで紹介

    ※月間訪問者数1,000万UU以上を誇る「SANSPO.COM」や
    1,100万UU以上の産経新聞グループの総合ニュース「iza」などで紹介されます。

■ Start-Up Labo(スタートアップラボ)について

Start-Up Labo

「みんなのゲームアワード」を運営するシグナルトークでは、新規事業開発促進のため、新たに「Start-Up Labo」を導入しました。これは、毎週月曜日、社員全員が好きな新規事業に取り組める制度で、本サービスは「Start-Up Labo」発のプロジェクト第1弾です。

Start-Up Labo:http://www.signaltalk.com/project/labo/

■ 株式会社シグナルトークについて

会員数60万人のオンライン麻雀「Maru-Jan」(マルジャン)や、オンライン対戦型将棋ゲーム「ふくろふ」など、オンラインゲームを数多く企画し、開発・運営を行っている企業です。また、Webで手軽に脳の認知機能を測定できるサービス「脳測」(のうそく)も運営しています。

【 概要 】
社名:株式会社シグナルトーク
公式ホームページhttp://www.signaltalk.com/
所在地:東京都大田区
代表取締役:栢 孝文(かや たかふみ)
事業内容:オンラインゲームの開発、運営、販売

Information