株式会社シグナルトーク
ニュースリリース 2010年12月10日

オンライン麻雀「Maru-Jan」 ギフトカード
イオングループで販売開始

株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢孝文、東京都大田区)は、イオングループ(イオン、イオンモール、ザ・ビッグ、ジャスコ、マックスバリュ)の店頭で、オンライン麻雀用カード「Maru-Jan ギフトカード」の販売を開始いたしました。今後、全国展開を予定しております。

「Maru-Jan ギフトカード」は、既に西友、ビックカメラ、ヤマダ電機の店頭にて販売されており(販売店名は50音順)、2010年4月の販売開始以来、新たに手軽な課金方法として、多くのユーザー様にご利用頂いております。

券種はこれまでの「1000point(売価1,000円)」「2100point(売価2,000円)」に「5800point(売価5,000円)」が加わり、3種類となりました。全券種、ゲーム内で使用できる「雀貨」のプレゼント枚数が、通常購入の2倍となっています。 なお、販売券種は店舗により異なり、5,000円券の取り扱いは、現時点ではイオングループのみとなります。

Maru-Jan ギフトカード

■「Maru-Jan ギフトカード」 ポイント発行ページ
http://www.maru-jan.com/card/
店頭にてカードご購入後、こちらのページでPIN番号を入力することにより、Maru-Jan場代ポイントが発行されます。

「Maru-Jan ギフトカード」は、インコム・ジャパン株式会社(代表取締役:荒井琢麿、東京都品川区)の製造および販売技術が用いられたPOSAカードです。

インコムは、ギフトカードおよびプリペイドカードに関連した技術提供を行っている、業界最大手の企業です。北米を中心に220,000ヶ所の流通・販売網を構築しており、2009年度においては約1兆円のプリペイドカード、ギフトカードを販売しています。インコム・ジャパンは、インコムの日本法人です。

通常プリペイドカード類の販売には、仕入れや在庫リスク、金券類の管理負荷といった多くの負担が発生しますが、インコム・ジャパンの提供する、InComm's Fastcard Point of Sales Activation (POSA)の技術を導入している流通各社は、これらプリペイドカード類を無在庫の状態で仕入れ、販売が成立した段階でPOSレジにてカードを有効にする技術を実装しています。

盗難、紛失の恐れがないことから、金券類を陳列して販売することが可能となっています。

inComm ロゴ

「Maru-Jan」は、和の高級感を追求したリアルなグラフィックと、全自動麻雀卓の再現が特徴の、オンライン麻雀ゲームです。

11月15日(月)には、「Classic卓」を導入した「Maru-Jan Version13」をリリースいたしました。

「Classic卓」は、「喰いタンなし、完全先付け」のいわゆる「なしなしルール」での麻雀が出来るモードとなります。グラフィックも大正~昭和初期ごろのレトロモダンで高級感のあるイメージで構成され、牌も背が竹で作られた「竹牌」を再現したものとなっています。

また、Classic卓では、Maru-Janの特徴である、牌の撹拌率プログラムも専用のものを用いております。全自動卓ではなく手積みで麻雀をした際の牌の混ざり方、山の積まれ方を検証し、それをプログラム上で再現、ゲームに反映をいたしました。

その他、通常のルールの卓でもこれまでの鳴き指定機能を強化し、赤ドラが出たときのみ鳴くことができる「赤鳴き指定」機能を追加、さらに勝敗によって増減する「フラッグ」のグラフィックも一新するなど、Classic卓を利用しない方にとっても更に遊びやすく、またよりハイレベルな対局を楽しめるようなバージョンアップとなっております。

Maru-Jan Version13 Classic タイトル

Classic卓

■■■ インコム・ジャパン株式会社 概要

社名:インコム・ジャパン株式会社
公式ホームページhttp://www.incomm.com/
所在地:東京都品川区
代表:荒井 琢麿
事業内容:ギフトカードおよびプリペイドカードに関連した、技術提供

■プリペイドカード(POSA版) 概要

インコムの開発した、POSA (Point of Sales Activation)システムに対応したプリペイドカードです。

「Maru-Jan ギフトカード」も、こちらに該当します。

プリペイドカード(POSA版)に関する、有効化や減算処理に関連した数多くの特許は、業界に革命をもたらし、現在アメリカ国内はもとより、日本、カナダ、イギリス、プエルトリコにも販売拠点を持っています。

■■■ 株式会社シグナルトーク 概要

社名:株式会社シグナルトーク
公式ホームページhttp://www.signaltalk.com/
所在地:東京都大田区
代表:栢 孝文
事業内容:オンラインゲームの開発、運営、販売

■■■ 製品概要

ジャンル:高級オンライン麻雀ゲーム
発売日:2004年4月26日
料金:東風戦1ゲーム 80ポイント(80円相当)
 東南戦1ゲーム 150ポイント(150円相当)
 また、1位の人は無料でゲーム続行が可能
対応OS:Windows 7,Vista,XP,2000,98
CPU:一般的なもので快適に動作します
 266MHz以上(Core、Pentium、Phenomなど)
メモリ:256MB以上 (512MB以上を推奨)
ビデオ環境:VRAM 2MB以上(3D機能は不要)
通信環境:一般的な通信環境で快適に動作します
 64kbps以上(ブロードバンド環境を推奨)
Created and Powered by
SIGNAL TALK
Copyright (C) 2004 SignalTalk All Rights Reserved.