ニュースリリース 2010年5月26日

オンライン麻雀「Maru-Jan」プリペイドカード(POSA版)
全国各地の西友でも販売開始

 株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢孝文、東京都大田区)は、全国各地の西友85店舗で、4月にリリースしたオンライン麻雀ゲーム用カード「Maru-Janカード(POSA版)」の販売を開始いたしました。ビックカメラ、ヤマダ電機に続いての店頭販売となります(販売店名は50音順)。こちらのカードには、インコム・ジャパン株式会社(代表取締役:荒井琢麿、東京都品川区)の製造および販売技術が用いられています。
券種は「1000point(売価1,000円)」と「2000point + 100point(売価2,000円)」の2種類があり、どちらもゲーム内で使用できる「雀貨」のプレゼント枚数が、通常購入の2倍となっています。




 ■「Maru-Janカード(POSA版)」ポイント発行ページ
  http://www.maru-jan.com/card/
  店頭にてカードご購入後、こちらのページでPIN番号を入力することにより、Maru-Jan場代ポイントが発行されます。


 インコムは、ギフトカードおよびプリペイドカードに関連した技術提供を行っており、業界最大手の企業です。北米を中心に150,000ヶ所の流通・販売網を構築しており、2007年度においては約8,000億円のプリペイドカード、ギフトカードを販売しています。インコム・ジャパンは、インコムの日本法人です。
 通常プリペイドカード類の販売には、仕入れや在庫リスク、金券類の管理負荷といった多くの負担が発生しますが、インコム・ジャパンの提供する、InComm's Fastcard Point of Sales Activation (POSA)の技術を導入している流通各社は、これらプリペイドカード類を無在庫の状態で仕入れ、販売が成立した段階でPOSレジにてカードを有効にする技術を実装しています。
 盗難、紛失の恐れがないことから、金券類を陳列して販売することが可能となっています。




  「Maru-Jan」は、和の高級感を追求したリアルなグラフィックと、全自動麻雀卓の再現が特長の、オンライン麻雀ゲームです。2010年4月28日には6周年を迎え、会員数は45万人を突破いたしました。豊富なイベントや詳細な個人成績など、究極を目指し細部にまでこだわって作り上げ、麻雀を愛する人が満足できる麻雀ゲームを目指し、日々進化を遂げています。
 今年度からは、年間イベントとして、戦国ランキングがスタートいたしました。着順を上回った人数を競い、優勝者には、賞品として"蒼天ノ覇王賞"が贈られます。





 ■■■インコム・ジャパン株式会社 概要

  社名 インコム・ジャパン株式会社
  公式ホームページ http://www.incomm.com
  所在地 東京都品川区
  代表 荒井 琢麿
  事業内容 ギフトカードおよびプリペイドカードに関連した、技術提供

 ■プリペイドカード(POSA版) 概要 

 インコムの開発した、POSA (Point of Sales Activation)システムに対応したプリペイドカードです。
プリペイドカード(POSA版)に関する、有効化や減算処理に関連した数多くの特許は、業界に革命をもたらし、現在アメリカ国内はもとより、日本、カナダ、イギリス、プエルトリコにも販売拠点を持っています。

 ■■■ 株式会社シグナルトーク概要

  社名 株式会社シグナルトーク
  公式ホームページ http://www.signaltalk.com/
  所在地 東京都大田区
  代表 栢 孝文
  事業内容 オンラインゲームの開発、運営、販売

 ■オンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」製品 概要

  ジャンル 高級オンライン麻雀ゲーム
  発売日 2004年4月26日
  料金 東風戦1ゲーム 80ポイント(80円相当)
東南戦1ゲーム 150ポイント(150円相当)
また、1位の人は無料でゲーム続行が可能
  対応OS Windows 98,2000,XP,Vista,7
  CPU Pentium2 266MHz 以上(Pentium3 500MHz以上を推奨)
  メモリ 256MB以上(512MB以上を推奨)
  ビデオカード VRAM 2MB以上(3D機能は不要)
  通信環境 64kbps以上(ブロードバンド環境を推奨)

Created and Powered by

Copyright (C) 2004 SignalTalk All Rights Reserved.