ニュースリリース

戻る
ニュースリリース 2009年12月16日

オンライン麻雀「Maru-Jan」
捨て牌を大きくし、見やすくなったVersion11をリリース

 株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、東京都大田区)は12月16日(水)より、運営中のオンライン麻雀ゲーム「Maru-Jan」にて、捨て牌を従来から面積比を大きくし、より見やすくなった「Maru-Jan Version11」を配信します。「Maru-Jan」は会員数35万を超え、Yahoo! JAPANや、@nifty、OCN、BIGLOBEをはじめとする合計17ポータルで展開中です。

Maru-Jan Version11


大きくなった捨て牌

 Maru-Jan Version11では、ゲームを盛り上げる要素として、ゲームの合間に演出を追加しました。オーラス(ゲーム最後の局)時には、他プレイヤーとの点差が表示されるようになり、最終局面で何点で和了れば、逆転できるかなどがわかりやすくなりました。また、背景画像も、毎月切り替わるようになりました。

 さらに、春に実施されたアンケートで約64%のお客様が要望されたダブロン機能を実装しました。これまでは、同時に複数のロンが発生した場合、頭ハネによって片方のみ和了が有効でしたが、ダブロンでは複数の和了を認め、点棒を獲得することが出来ます。点棒を複数支払う可能性が出てきたことで、今まで以上に緊迫した展開が繰り広げられそうです。


局間演出

ダブロン画面

 その他、局終了時の点棒受け渡し画面では、手牌が見られるようになり、和了の形を確認しやすくなりました。


 ■■■ 参考URL
   Maru-Jan Version11説明ページ http://www.maru-jan.com/game_mj11.html
   オンライン麻雀「Maru-Jan」 http://www.maru-jan.com/
   株式会社シグナルトーク http://www.signaltalk.com/

 ■■■ 株式会社シグナルトーク概要
  社名 株式会社シグナルトーク
  所在地 東京都大田区
  代表 栢 孝文
  事業内容 オンラインゲームの開発、運営、販売

 ■■■ 製品概要
  ジャンル 高級オンライン麻雀ゲーム
  発売日 2004年4月26日
  料金 東風戦1ゲーム 80ポイント(80円相当)
東南戦1ゲーム 150ポイント(150円相当)
また、1位の人は無料でゲーム続行が可能
  対応OS Windows 98,2000,XP,Vista,7
  CPU Pentium2 266MHz 以上(Pentium3 500MHz以上を推奨)
  メモリ 256MB以上(512MB以上を推奨)
  ビデオカード VRAM 2MB以上(3D機能は不要)
  通信環境 64kbps以上(ブロードバンド環境を推奨)

Created and Powered by

Copyright (C) 2004 SignalTalk All Rights Reserved.