ニュースリリース

戻る
ニュースリリース 2009年6月30日
ユーザー投稿された、麻雀の「何切る」問題が表示される
ツールバーを配信開始

 2009年6月30日、ゲーム開発会社の株式会社シグナルトーク(代表取締役:栢 孝文、東京都大田区)は、 検索サービスの企画、開発、運営の株式会社adingo(代表取締役:古谷 和幸、東京都渋谷区)と提携し、 会員30万人を有するオンライン対戦麻雀ゲームMaru-Janの公式サイトで、「Maru-Janツールバー」を無料配信します。



 「Maru-Janツールバー」は、ブラウザ上でユーザーが簡単に操作できるようにアイコンを並べたツールバーと、 どの牌を切るのかという麻雀クイズ「何切る」から進化した「如何打寺(どううつじ)」を連携させているのが特長です。
 ユーザーによって「如何打寺(どううつじ)」に投稿された「何切る」が10分おきに次々に切り替わり、眺めているだけで麻雀力が鍛えられます。 さらに、表示されている「何切る」クイズをクリックすると、その問題へのユーザーの投票結果やコメントを見ることも可能です。 また、通常のツールバーと同様に、単語を入力するだけで、Yahoo! JAPANの検索サービスを利用できます。



Maru-Jan ツールバー

Maru-Janツールバー
ゲーム画面
Maru-Jan ゲーム画面


  ■■■ 参考URL
  株式会社シグナルトーク http://www.signaltalk.com/
  株式会社adingo http://adingo.jp/
  Maru-Janツールバーダウンロードページ http://www.maru-jan.com/toolbar.html
  オンライン麻雀「Maru-Jan」 http://www.maru-jan.com/
  如何打寺(どううつじ) http://app1.maru-jan.com/sys/douutsuji/

  ■■■ 株式会社シグナルトーク概要
  社名 株式会社シグナルトーク
  所在地 東京都大田区
  代表 栢 孝文
  事業内容 オンラインゲームの開発、運営、販売

  ■■■ 株式会社adingo概要
  社名 株式会社adingo
  所在地 東京都渋谷区
  代表 古谷 和幸
  事業内容 PCおよびモバイルでの検索サービス及びリスティング広告の導入支援
テキスト解析型広告配信システムの企画、開発
検索サービスの企画、開発、運営

  ■■■ 製品概要
  ジャンル 高級オンライン麻雀ゲーム
  発売日 2004年4月26日
  料金 東風戦1ゲーム 80ポイント(80円相当)
東南戦1ゲーム 150ポイント(150円相当)
また、1位の人は無料でゲーム続行が可能
  対応OS Windows 98,2000,XP,Vista
  CPU Pentium2 266MHz 以上(Pentium3 500MHz以上を推奨)
  メモリ 256MB以上(512MB以上を推奨)
  ビデオカード VRAM 2MB以上(3D機能は不要)
  通信環境 64kbps以上(ブロードバンド環境を推奨)

Created and Powered by

Copyright (C) 2004 SignalTalk All Rights Reserved.