ニュースリリース

戻る
ニュースリリース 2007年7月12日

「サンデーゲームスタジオ」制作のゲーム「フィフティ・ファイブ」が完成
Yahoo! JAPANにて7月12日発売

 株式会社シグナルトーク(代表 栢 孝文、東京都大田区)は、同社が運営する「サンデーゲームスタジオ」で制作していたPC用パズルゲーム「フィフティ・ファイブ」が完成し、Yahoo! JAPANにて2007年7月12日よりオンライン配信による発売を開始すると発表した。

 「フィフティ・ファイブ」は、2006年8月より開催されていたクリエイター育成プロジェクト「サンデーゲームスタジオ」にて制作していたパズルゲーム。一般からの公募によって選抜された、プログラマー、デザイナー、ディレクターの3職種4人のスタッフが毎週日曜日に集まってゲーム制作を続け、自分たちだけで作品を完成、この度の発売に至った。

<「フィフティ・ファイブ」タイトル画面> <「フィフティ・ファイブ」ゲーム画面>

 「フィフティ・ファイブ」は画面を流れてくる数字生物「数玉」をクリックし、足して5の倍数を作っていくパズルゲーム。足し算をするだけなので老若男女誰でも簡単にプレイすることができ、暗算を行うことで脳のトレーニングにもなる。一度に55を取ると即レベルアップするシステムを採用しているため、ゲームに慣れた上級者はすぐに高レベルのプレイを楽しめるという特長も持っている。
 レベルアップは簡単にできるが、合計が55を超えると即ゲームオーバーというシビアな面も持っており、プレイヤーを飽きさせない仕組みになっている。
 ゲームの購入方法は、インターネットでのダウンロード販売のみとなっており、価格は1990円。30分の無料体験も可能。ゲームを遊ぶには、Yahoo! JAPANのYahoo!ゲームのカテゴリからダウンロードが必要。

<サンデーゲームスタジオロゴ> <「フィフティ・ファイブロゴ>

 「サンデーゲームスタジオ」は、経済産業省関東経済産業局が推進する「首都圏情報ベンチャーフォーラム」の後援を受け、クリエイターの新しい育成法と作品の発表の場を確立すべく発足したプロジェクト。ポータルサイト最大手のヤフー株式会社が製品の販売、ゲーム専門スクールのバンタン電脳ゲーム学院が制作環境の提供で協力している。
 ゲーム作りへの情熱を持った全ての人に門戸を開放すべく、社会人でも参加できるように開催を日曜日に限定し、その上で学生、一般から広く人材を募集して選抜。週末を利用してゲームを制作してきた。
 参加は無料でありながら、プロのノウハウを効率的に身に付けることができ、完成した作品が製品として利益を上げた場合は、参加者にはロイヤリティが支払われるというのも特長。


■■■ 参考URL
「フィフティ・ファイブ」公式サイト http://www.signaltalk.com/sunday/fifty-five/
「サンデーゲームスタジオ」公式サイト http://www.signaltalk.com/sunday/
株式会社シグナルトーク http://www.signaltalk.com

Created and Powered by

(C) SignalTalk 2007 All Rights Reserved.